フィリピン留学とカナダ留学を比較してみた

2020/08/02 スタッフブログ
フィリピン留学とカナダ留学を比較してみた

語学留学を検討している方にとって悩ましいのが、留学先をどこにするかだと思います。

 

海外留学協議会(JAOS)が出した日本人留学生数調査2019によれば、

2018年の留学者の渡航先は、1位のアメリカ、2位のオーストラリアに続き、

3位がカナダ、4位がフィリピンでした。

 

私も過去にオーストラリア、カナダ、フィリピンに留学をしたことがありますが、

いずれの国にも留学先としてのメリットとデメリットがあると考えています。

 

ただ、私は自分の経験から、時間が許す限り、フィリピンとカナダの両方へ行くことをおすすめします。

カナダとフィリピンのそれぞれの留学のメリットとデメリットを知っていただき、

留学先を迷っている方の参考になればと思います。

目次

1. 英語初学者におすすめはフィリピン留学

2. フィリピン留学では体験できないこと

3. カナダ留学の良さとは?

4. カナダ留学のデメリットは?

5. フィリピン留学とカナダ留学両方行くことこそおすすめ

6. さいごに

 

 

1. 英語初学者におすすめはフィリピン留学

 

過去のブログ記事でも紹介していますが、英語初心者、留学が初めての方にこそ

フィリピン留学をおすすめしています。

その理由は、

・フィリピン人の国民性が英語初心者に最適だから

・フィリピン留学はマンツーマンレッスンが主流だから

・フィリピン留学は安く、日本から近いから

です。

 

英語の語学留学ができる国や都市は欧米を中心にたくさんありますが、

マンツーマンレッスンで、しかもフィリピンほど格安にレッスンを受けられる国を私は知りません。

 

日本人の多くの方にとって、スピーキングとリスニングが課題であり、

英語を話すことに慣れ、話す度胸がつけることが必要であるからこそ、

英語力を磨くためには、できるだけ聞いて、話す時間をとる必要があると感じています。

 

フィリピン人が優しいことも、最初に留学する地として優れている点です。

英語が聞きとれず、なにを言って良いのかわからないことは辛いですが、

優しく、人を楽しませることができるフィリピン人が相手であれば、

めげずに会話を続けることができると思います。

私はこれまで複数の国の人から英語を学んできましたが、

フィリピン人ほどフレンドリーで、楽しく英語を話せる相手はいないと感じます。

 

最後に、フィリピン留学が欧米留学と比較したときに格安で、

日本から近いこともフィリピン留学をおすすめする理由です。

 

フィリピン留学に来る半数以上の方が1ヶ月未満での期間での留学で、

定期的にリピートされている方も多いです。

その理由は、日本から近く来やすいこと、定期的に留学することで効果があるからだと感じます。

 

 

2. フィリピン留学では体験できないこと

 

フィリピン留学のコストパフォーマンスの高さ、メリットについて書きましたが、

フィリピン留学で経験しきれないこと、デメリットもあります。

 

私がフィリピン留学で体験できないこと、デメリットだと思うことは

・他国の学生との交流がしづらい

・講師がノンネイティブであるフィリピン人

・場所によって治安が悪い

ことです。

フィリピンの語学学校の多くは、日本人や韓国人が占めており、

その他アジア圏の学生もまれに来ていますが、

その他の国や地域からの学生はおらず、交流はありません。

フィリピン留学

アメリカやカナダ、オーストラリアなど、欧米への語学留学であれば、

複数の国や地域からの留学生が来ており、国を超えた生徒との交流がありますが、

フィリピン留学でそれを期待することは難しいです。

 

フィリピン人は、日本人と同様にノンネイティブのスピーカーです。

過去のブログ「フィリピン英語ってどうなの?」でも紹介していますが、

ネイティブスピーカーでないからこそのメリットもあるものの、

ネイティブが使うようなスラングや表現は学びづらいと思います。

 

最後に、フィリピンは場所によって治安が良くありません。

当校が位置するマニラのBGCは欧米のような街並みで治安も良いですが、

マニラやマニラ以外の地域でも治安が良くないエリアが多くあります。

 

3. カナダ留学の良さとは?

 

私は2012年2〜3月にバンクーバーに留学をしました。

2018年には、トロントに旅行に行ったことがあります。

 

私が思うカナダ留学の良さは、

・他国からの生徒と一緒に英語を学べる

・学校の外でも多文化、多国籍の環境で生活ができる

・中性的なきれいな英語を学べる

ということだと思います。

 

アメリカやカナダ、イギリスなどの留学地と共通することですが、

カナダには、多くの国々から留学生が来ていますので、

自然と複数の国々の人との交流が増えます。

私自身が留学した学校でも、メキシコ、ブラジル、トルコ、ロシア、スペインなど、

数多くの国から留学生が来ており、クラスの内外で楽しい経験を積めました。

こうした多国籍の人との交流はフィリピン留学ではできないことだと思います。

 

カナダ英語が、ネイティブ英語の中でも中性的できれいな発音であることも付け加えておきたいと思います。

アメリカ英語は日本人に苦手な”r”の音が強い、地域にもよりますが、スラングが多い、

また、イギリス英語は使う単語や言い回しがアメリカ英語のそれとは全く異なる、

オーストラリア英語やニュージーランド英語も人や地域によるものの聞き取りが難しいです。

 

その点、カナダ英語はニュートラルで、きれいな英語を話す人が多く、

日本人にとっても聞き取りやすい英語だと思います。

聞き取りやすいだけでなく、そうした英語を学ぶことで、他国に行ったときにも通じやすくなります。

 

4. カナダ留学のデメリットは?

 

カナダ留学のデメリットはと言うと、

フィリピン以外の欧米への語学留学に共通することですが、

グループレッスンが主流であり、レッスンで自分が話す時間が短くなります。

やはり、話す時間の確保が大切な英語初心者の方にとってはデメリットになります。

 

また、日本と時差が13〜17時間あり、

カナダ滞在中に日本の家族や友人と連絡がとりづらいことも挙げられるかもしれません。

私自身もカナダ滞在中は、日本との時差に苦労しました。

その他、フィリピン留学との比較で言うと、

他の欧米への留学と同様ですが、物価が高く、生活費が上がること、

また、冬のカナダは寒く、フィリピンのように温暖ではないことも挙げられます。

 

 

5. フィリピン留学とカナダ留学両方行くことこそおすすめ

 

フィリピン留学とカナダ留学のメリットとデメリットをそれぞれ紹介してきました。

私は両方の留学を経験したからこそ、時間が許すのであれば、

みなさんにも、ぜひ両方の国に留学に行ってほしいと思います。

それぞれのメリットを生かし、最大限留学生活を楽しみ、英語を上達させるためにも、

まずはフィリピン留学で英語に慣れ、英語を外国人と話す度胸をつけ、

その後で、カナダで他国からきている生徒とのグループレッスンを楽しむことを、おすすめしたいです。

 

時期も選ぶことができるのであれば、

フィリピンの乾季にあたる11月〜5月のいずれかのタイミングでフィリピン留学をし、

4月あるいは5月のカナダが暖かくなり始めるタイミングでカナダ留学をすることをおすすめします。

 

6. さいごに

 

フィリピン留学の良さは、コストパフォーマンス高く、短期集中で英語に磨きをかけることができること、

一方のカナダ留学の良さは、他国からの生徒と共に英語を学べることだと説明してきました。

 

近年では「ワーホリ前留学」、「留学前留学」と言われるように、

欧米への本留学の前にフィリピンで英語を磨く留学をする方も増えてきました。

 

この記事を読んでいただいた方には、ぜひフィリピンとカナダへの

両方の留学を体験していたければ、と思います。

お知らせ・ブログ一覧へ

読まれている記事

最新の記事