ステップフォワード株式会社と認定NPO法人アクセスがパートナーシップを締結

2019/06/17 重要なお知らせ
ステップフォワード株式会社と認定NPO法人アクセスがパートナーシップを締結

ステップフォワード株式会社は,認定NPO法人アクセスと,フィリピン・マニラでのスタディツアー提供に関するパートナーシップを締結いたしました。

 

アクセスが運営するスタディツアーについて,ステップフォワードBGC校から団体参加できるサービスを提供いたします。これは,通常のフィリピン留学,マニラ留学では体験できない,貴重な機会を提供するサービスになると考えています。

 

スタディツアー概要

1)一日ツアーの趣旨

ツアーの意義としては,より多くの方にアクセスの事業地を訪れていただき,フィリピンの貧困問題の現実を理解し,解決のための事業に協力・参加していただくことを目的としています。

また,学習者側にとっては,海外でのコミュニケーション,異文化理解,社会を学ぶ機会となることを目的としています。

2)訪問地の例

①マニラ首都圏の都市貧困地区
パヤタス地区:ケソン市内にある、ゴミ山に隣接する貧困地区
トンド地区:マニラ市内にある、貧困地区。国道から旧スモーキーマウンテン(閉鎖)をご覧いただきます

②農漁村 アラバット島ペレーズ町
ケソン州の小さな島の一角にある、農業と漁業が主要産業の小さな町。

③パンパンガ州ポーラック町のピナツボ火山土石流被災地

 

3)ツアーの具体例(①マニラ首都圏のパヤタスの場合)

時刻 行動 備考
9:00 待ち合わせ場所合流

(学校からレンタカーで向かい,職員の方と合流)

ケソン市内フィルコアのジョリビー
https://goo.gl/maps/kVavSGfBQYEGjRVPA
移動  概要説明
9:40 事業地到着,スタッフ自己紹介 デイケアセンター
10:00 コミュニティ内見学 管理当局職員に同行してゴミ山内に入る。(ゴミ山崩落犠牲者慰霊碑,小学校,新しいゴミ山を外から見る)
10:50 家庭訪問
11:40 デイケアセンタースタッフとの対話 質問や感想など
12:10 デイケアセンターを出発
13:00 待ち合わせ場所で解散 解散

 

当校は,「質の高い英語学習とグローバル体験を」提供することを命題としており,語学力の向上に加えて,海外でのコミュニケーション,文化,社会を学ぶ「グローバル体験」の提供に注力しております。

 

留学プログラムの中でも,フィールドスタディの時間を入れ込み,実践的な英語学習×グローバル体験を提供しておりますが,今回の提携はその価値提供を一層強固にするものとなります。

 

また,スタディツアーに参加する日本人が増えることで,アクセスの活動支援にもつながり,フィリピンへの社会貢献になることも大きな意義があると考えています。

このような経緯から,この度のスタディツアー提供のパートナーシップ締結に至りました。

 

ステップフォワードBGC校は,今後も学習者や社会にとって価値のあるサービスを提供できるよう,尽力してまいります。

 

■ステップフォワード株式会社について https://stepforward-learning.com/
フィリピン,マニラ最先端の街BGCにおいて,唯一の日本人経営の語学スクールを展開。日本からの留学生,現地在住の方の通学生が在籍し,現地で英語を使う方々から,実際のビジネスや生活で役立つというお声を頂いている。ビジネス英語コース,日常会話コース,総合英語コース,資格対策コースなど,目的に合わせた学習コースを提供しており,その内容は日本人スタッフがおひとりおひとりのニーズを丁寧に伺って決定している。

 

■認定NPO法人アクセスについて https://access-jp.org/
アクセス-共生社会をめざす地球市民の会は,フィリピンと日本で活動する,京都生まれの国際協力NGO。

「10人に2人が,小学校を卒業できない」と言われるフィリピンで,「子どもに教育,女性に仕事」を提供する活動を続けている。

フィリピンと日本の人々が,地球市民としてつながりさまざまな社会課題を「自分事」ととらえて行動することで,貧困のない,基本的人権の尊重された平和なアジアをつくることをめざす。

お知らせ・ブログ一覧へ

読まれている記事

最新の記事