短期集中、ビジネスに活きる英語力を

2019/03/04 ビジネス英語コース

浅井紀洋 さん

20〜30代 経営者

コース ビジネス英語コース
留学期間 1週間
滞在場所 Avida Cityflex

英語留学の理由・目的

きっかけは友人からの紹介でした。食品商社で仕事をしているため、ビジネスで英語を使う機会があるにも関わらず、英語力が心もとなかった為、留学を決めました。1週間の短期留学が可能だったこと、日程がフレキシブルに決められること、受講者に合わせてカリキュラムを組めることが決め手になりました。マニラの街を見たかったというのもあります。

授業・カリキュラムについて

カリキュラムは事前にオンライン面談で決めました。1週間という限られた時間だったので、まんべんなく学ぶのではなく「自社のプレゼンテーションをすること」、「売買をする上での交渉力をつけること」の2点の英語力を高めたいとお願いしました。結果的にその依頼に沿ったカリキュラムを組んで頂いたと思っています。それに加えて、フィールドワークの授業があり、フィリピンのスーパーで売られている食品と日本の食品を比較して、議論をするという内容でした。後日聞いたら、これも私の仕事に沿って設計していただいたとの事。まさにオーダーメードのカリキュラムを作って頂いた印象です。

 

-印象に残っているレッスンはありますか?

プレゼンテーションの授業はとても有意義な時間でした。授業を通じて自社の歴史や、商品、マーケットについてまとめたパワーポイントの資料を作ることができました。今後会社の資産として活用できそうです。それに加えて、資料のまとめ方やプレゼンテーションをする際の発声やジェスチャーのポイントも学びました。最終日に講師や受講生の前でプレゼンテーションをした際には緊張しましたが、学んだ内容の集大成として良い機会だったと思います。

 

-レッスンを受けた先生はいかがでしたか?

事前の期待を大きく上回るものでした。どの先生もこちらのレベルに合わせて丁寧に教えてくれたのは印象的でした。また英語のみのレッスンになるため、難しい英単語を簡単な英単語で教えてもらうことになります。それによって関連付けて単語を覚えることができると実感しました。またレッスン以外にもウェルカムパーティーや休憩時間などに気さくに話しかけていただき、早く馴染むことができました。多くの先生に接しましたが、皆さん英語はもちろんそれ以外にも深い知識や教養を持っていらっしゃると感じました。

学習・滞在環境について

スクールと宿舎があるBGCの街は大都会で明るく清潔感があり、事前に想像していたフィリピンのイメージから掛け離れたものでした。聞けば2000年頃から再開発されたエリアとの事で、なるほどと思いました。宿舎は高級ホテル並みの設備やアメニティでした。毎朝美味しい手作りの朝食を頂けたのも良かったです。ウェルカムパーティーで、調理担当の職員の方とフィリピン料理「アドボ」についてお話をしたところ、翌々日の朝食に作って頂き、とても美味しく嬉しかったです。

全体を通しての感想

大満足の留学でした。1週間という短期間でしたが、大変濃い日々を過ごしました。英語力の向上はもちろん、急速に発展するマニラを体験することができたのも大きな収穫になりました。卒業生限定のオンラインフォローアップコースがあるのも嬉しいですね。帰国から3週間経った現在も週2回くらい馴染みの先生方からオンラインでレッスンを受けており、最低でも半年は続けるつもりでいます。スクールには現地に駐在する日本人の子供も通っていたので、私の息子が小学生になったら家族でまた1週間学びに戻るつもりでいます。

留学体験者の声一覧へ